コロナを予言していた映画とは!?世界観が似てるのがリアル過ぎてヤバい!

コロナウイルスの影響で世界中が大騒ぎになっています。

この状況を予言していたかのような映画の存在を知っていますか?

その映画はスティーブン・ソダーバーグ監督の映画「コンテイジョン」

2011年に制作されたにも関わらず、感染源や海外での混乱状況などが激似と話題になっています!

コロナウイルスが蔓延している状況と似ていると話題になった映画「コンテイジョン」についてまとめてみました!

スポンサードリンク

映画「コンテイジョン」がコロナウイルスパンデミックの状況と激似と話題になった理由

2020年3月11日にWHO(世界保健機関)のテドロス事務局長が「新型コロナウイルスはパンデミックと言える」と発表してから世界が変わりました。

経済は混乱し、世界各地でロックダウンや外出規制などの指示が出されています。

この状況を2011年に予言していたかのような映画が「コンテイジョン」です。

マットデイモン、ジュードロウなど主役級を集めた豪華キャストで構成されていて、香港で発生した新種ウィルスの感染が急速に世界中に拡大していく、いわゆるパンデミックの恐怖が描かれています。

実際、世界中で感染者が爆発的に増加し、パンデミックにより世界がおかしくなっている様子が、この映画と類似していると視聴する人が殺到しているようです。

まだまだコロナウイルスの終息が見えない状況で、この映画を見るのは怖い感じがしますが、ぜひ見ておきたい作品の1つです!

映画「コンテイジョン」あらすじ

ベス・エムホフ(グウィネス・パルトロウ)は香港出張の帰り、夫のミッチ(マット・デイモン)が待つミネソタの自宅に向かわず、シカゴで元恋人と密会する。

だが、ベスは咳と熱を発症しており、同じような症状の人間が香港、ロンドン、東京など各地で次々と亡くなっていた。

その事件に疑惑を抱いたフリー・ジャーナリストのアラン・クラムウィディ(ジュード・ロウ)は、政府が伝染病を隠しているのではないかとブログで指摘。

さらに帰国から2日後、ベスが死亡し、続けてベスの連れ子クラークも命を落とす。

報告を受けたWHOのドクター・レオノーラ・オランテス(マリオン・コティヤール)たちが、続いてアトランタの疾病予防センター(=CDC)が調査に乗り出す。

エリス・チーヴァー博士(ローレンス・フィッシュバーン)の指示でミネソタに派遣されたドクター・エリン・ミアーズ(ケイト・ウィンスレット)は、感染が疑われる人々の隔離を実施する。

カリフォルニア大学の医師が、コウモリと豚のウィルスが混ざった新種のウィルスであることを解明するが、治療法もワクチンもない。

WHOはウィルスが48時間以内に世界主要都市に拡散すると宣告。

ワクチン開発に全力が注がれるものの、ウィルスは変異し、恐るべき速度で感染拡大してゆく。

折しもネットでは、米仏が治療薬を極秘に製造しているとの噂が広まったことから、中国衛生部のスン・フェンが故郷の村人のワクチンとの引き換えとして、オランテスを拉致する。

任務途中で感染するミアーズ、恋人に極秘情報を漏らしてしまうチーヴァー、娘を家に閉じ込めるミッチ。それぞれが愛する者を守ろうとする中、アランは政府が有効な治療薬を隠していると主張する。

恐怖はウィルスよりも早く感染し、パニックを起こした人々によって、各地で暴動が勃発してしまう。

それぞれが選んだ決断は……?そして明かされるウィルスの発生地点とは……?

映画「コンテイジョン」見どころ

コロナウイルスによって、いまだ先行きが見えない不安な日々を過ごしている状況ですが、不要不急の外出をしないで家にいるのであれば、ぜひ見ておきたい作品のひとつです。

世界がコロナウイルスのパンデミックによって大混乱した状態を、2011年に予言していたかのようなこの映画は、実際に体験している今だからこそ、映画の中の世界がいかにリアルに描写されているかがわかるようになりました。

  • 防護服を着た作業員が誰もいないゴーストタウンを消毒するシーン
  • 一部の市民が無人化した店で略奪するシーン
  • 緊急開発されたワクチンに群がり、自分だけが助かろうとするシーン

「無症状の感染者が他人に感染させてしまう」や「予防法は密な接触を避け、こまめに手洗いをするしかない」など、まるで最近の実際のニュースを見ているかのような描写に、これから同じような事が起きてしまうのか?と考えると恐怖を感じずにはいられません。

映画「コンテイジョン」感想(ネタバレ含む)

[chat face=”man3″ name=”男性” align=”left” border=”blue” bg=”blue”]前に観た時、最後のコウモリの場面が印象に残ってた。今観たら「怖っ」てなった。ワクチン接種待ちがヤバいこと・・・。[/chat] [chat face=”man3″ name=”男性” align=”left” border=”blue” bg=”blue”]2011年に予言されてたなんて、すげー!
スペイン風邪・インフルエンザ・SARS・コロナウイルスなんかの感染力が強いウイルスが、もっと強力になったら?という発想を映画にしちゃう監督がスゴイ![/chat] [chat face=”woman1″ name=”女性の口コミ” align=”right” border=”red” bg=”red”]終わりが気になってのめり込んでしまった。まさに今のコロナパニックと同じ状況じゃないか!?感染者がどんどん広がって、学校は休校、自宅待機、買い占め行動、医療崩壊、政府批判、情報のデマの広がりなど。ワクチンができて、摂取方法が誕生日順で抽選とかって、ありえそうで怖い。[/chat] [chat face=”man3″ name=”男性” align=”left” border=”blue” bg=”blue”]リアルでした。ウィルスよりも恐怖が早く感染して、みんな自己勝手な振舞いをするけど、それは自分の大切な人を守る為なのが人間らしい。逆にこの映画を見たことで希望が湧いてきた。いつかは終わるんだよなと。最後の日は鳥肌ものですよ![/chat]
スポンサードリンク

映画「コンテイジョン」を外出しないで見る方法

コロナの世界観が激似の映画「コンテイジョン」を見れみたいけど、レンタルショップに行けない。

なんとかネットで見る方法は無いか調べてみた所、動画配信サービスを利用すれば「コンテイジョン」を見ることができます。

動画配信サービスには無料で使えるサービス期間があります。その無料期間を利用すれば、映画「コンテイジョン」を無料で見ることが可能なんです。

その条件を満たしているのが「U-NEXT」と「hulu」の2つです。

【U-NEXT公式サイト】

【hulu公式サイト】

U-NEXTは31日間、huluは2週間の無料おためし期間があるので、無料で映画を楽しめますよ♪

 

動画配信サービス 配信状況 無料期間

見放題
31日間無料
動画を見る
hulu
見放題
2週間無料
動画を見る

まとめ

コロナを予言していたと話題になっている映画は、スティーブン・ソダーバーグ監督の作品「コンテイジョン」でした。

時代を超えて再び評価されている映画です。

ネットの動画配信サービスを利用すれば、外出しないで映画を楽しめるからオススメです!

「U-NEXT」の31日間無料お試しを利用するならコチラ

「hulu」の2週間無料お試しを利用するならコチラ

※本ページの情報は令和2年4月のものです。最新の配信状況はそれぞれの公式サイトにてご確認ください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です